Creative Discussion using Plain Pair Groups

Creative Discussion – a key to insight and change


William Plain
Emeritus Professor, Nagoya University of Foreign Studies

Plain Pair Group Teaching (Plain PGT)
- for universities and schools
Plain Pair Group Discussion (Plain PGD)
- for decision making and staff development
- for informal or community creative discussion

A flash of insight is the spark of cosmic intelligence.
Small group sharing of insight can change the pattern of human intelligence.

www.creativediscussion.org

only search creativediscussion.org

Home page

 This small package outlines several personal projects aimed at promoting

NUFS Creative Campus

この小冊子は「NUFS Creative Campus」を促進することを目的とした、
いくつかの個人的なプロジェクトの概要を述べる

NUFS Creative Campus combines several projects, developed and trialled at NUFS, each of which can be useful in increasing creative interaction and academic discussion across the campus, among both students and staff. The main components are outlined below (with period already trialled).
NUFSクリエイティブ・キャンパスは、NUFSにて開発・試行を重ねたいくつかのプロジェクトで構成されています。それぞれのプロジェクトは、学生・教員共に含めたキャンパス全体で、創造的交流と学術的議論を促進するのに有効です。主なプロジェクトの概略は以下の通りです(試行期間付き)。

Campus Creative Discussion (CCD) (used over 3 years) organises students to meet outside of class, often during lunch, to discuss important topics in Japanese or in a foreign language – with no teacher. This project has been developed over 3 years, with students from several departments meeting in small groups with mixed 1/2/3/4th Years. I have found that students benefit enormously from this activity and participate willingly and regularly, even though (or because!) there is no teacher supervision.
キャンパス・クリエイティブ・ディスカッション(CCD)(試行期間:3年以上)は学生たちが授業外(主にランチタイム)に集まり、日本語もしくは外国語で重要なトピックについて討論するものです(教員による監督は無し)。いくつかの学科から学生を集め、1、2、3、4年生混在の小さなグループを構成します。このプロジェクトを通じ、学生たちが大きな利益を得られることがわかりました。教員による監督が無いにもかかわらず(もしくはそれだからこそ)、学生たちは積極的、定期的に、この活動に参加しています。

Peer Faculty Development using Plain Pair Groups (used in Eibei for university renewal proposals) can follow a similar pattern by providing an informal forum for discussion of teaching and curriculum. Teachers would meet in small groups following the basic formula of presentation of ideas and respectful listening to others while being attentive to one’s own insights.
プレイン・ペア・グループ(大学改革の提案に関して話し合うために、英米語学科にて使用されている)を使うピア教職員開発(Peer FD)も、指導法とカリキュラムに関する非公式な会議の場を用意することによって、同じように行なうことができます。教員は小グループで集まって、①意見を発表し合い、②他の教員が発表しているときにはしっかりと聞き、③そのあいだ自分のひらめきに注意する、という基本原則に従います。

Plain Pair Group Teaching (Plain PGT) (10 years at NUFS) is a very simple method for combining lecture and student-centred discussion. It retains the advantages of intensive presentation of material in a traditional manner while adding student discussion in small groups. This enables deeper understanding of class material and promotes active learning.
プレイン・ペア・グループ・ティーチング(プレインPGT)(試行期間:NUFSにて10年間)は講義と学生中心の討論を合わせた非常にシンプルな方法です。伝統的な方法で集中的に問題を説明することの利点を残しながら、同時に学生たちの小グループでの討論を加えることができます。これにより授業のより深い理解、そして能動的な学習を促進させることができます。

Corporate Creative Discussion (proposal) can take the creative interaction of small discussion groups into the realm of administration and management to facilitate exchange of ideas and greater involvement in the management of the university. Ideally this would allow both ‘horizontal’ interaction among colleagues, probably across sections, and ‘vertical’ group formation across levels of hierarchy.
Corporate Creative Discussion(提案中)は、小グループによる創造的な交流は、意見交換や、大学の管理へより深くかかわることを促進する管理・経営の場でも可能となります。理論上、同僚、そしておそらく各課間における「横」の交流や、全階層を通じての「縦」のグループ形成が可能となります。

Ancillary projects already put into practice are: ‘autonomous evaluation’ with student ‘choice’ of grade based on quantity (very effective for encouraging student responsibility); promoting enrolment in NUFS graduate courses; academic discussion with exchange students; preparation for overseas study.
すでに実施されている付属プロジェクトには次のようなものがあります。作業量に基づく学生自身による成績の選択「自律的評価」(学生に責任を持たせるのに非常に有効)、NUFS大学院コースへの入学促進、交換留学生との学術的討論、そして留学準備です。

Plain Pair Groups (developed through two Monkasho funded research projects over 7 years at University of Tsukuba and NUFS), which underlies all of these components, requires that each participant belong to two discussion groups, with individual presentation and respectful listening to others, while at the same time being attentive to new ideas or insights that emerge in one’s own mind. Good ideas from one group are then presented to the other group. As each group member belongs to a different ‘other’ group (Plain Pair Group), this forms a network of groups across the campus such that each person can access a wide range of new ideas resulting in a degree of creativity that can transform learning, teaching and professional involvement across the campus.
プレイン・ペア・グループ(7年以上にわたり筑波大学・名古屋外国語大学にて2つの文科省科学研究費助成プロジェクトを通じて発展)はこれら全てのプログラムの根底にあります。各参加者は2つの討論グループに所属することになり、自ら発表し、そして他の人たちの発表をしっかり聞きながら、同時に自分自身の中に生まれる新しいアイディアやひらめきを意識します。ひとつのグループからの良いアイディアは他のグループにも発表されます。各グループメンバーが異なった「他の」グループ(プレイン・ペア・グループ)に所属することで、キャンパスにグループ網が形成されます。それによって、各人がたくさんの新しいアイディアに触れることができ、その結果、ある種の創造性が生まれ、キャンパス中で学習方法、指導方法、そして仕事上の連携の形を変えていくことでしょう。

NUFS Creative Campus can contribute to a creative exchange of ideas among all members of the university: students, teachers and administration. The Campus Creative Discussion project has proven to be easy to organise and can provide a very effective foundation for the other Creative Campus projects.
NUFS Creative Campusは、大学の学生、教員と管理者間における創造的な意見交換に寄与できるでしょう。そのNUFS Creative Campusプロジェクトは、容易に編成できることが示されてきました。また、他のCreative Campusプロジェクトに取って、非常に有効な基礎ともなります。

If successfully applied on this campus, NUFS Creative Campus projects could also be useful for NUAS and other Nakanishi institutions, and would place NUFS in a position of primacy if these ideas should be adopted in other universities.
NUFS Creative Campusプロジェクトが本キャンパスで成功すれば、NUASや中西学園の他の学校でも役立つでしょう。さらに、この計画が他大学でも採用されることになれば、NUFSは主要な大学となるでしょう。

Previous page - Next Page

Recognition and remuneration

 

© William Plain  1990-2018 (print) 2005 - 2018 (website)